2017年11月18日

第4回リハビリ・介護ロボット研究会(介護施設見学会)

11月14日(金)「平成29年度第4回 埼玉県リハビリ・介護ロボット研究会」で、悠う湯ホーム施設見学会が行われました。

IMG_0332-2.JPG

悠う湯ホーム施設長の施設概要説明の後、リコージャパン株式会社様からHAL介護支援用(腰タイプ)の紹介があり、悠う湯ホームからはHALの導入・活用状況を説明させていただきました。

IMG_0299-2.JPG

その後、移乗介助の場面を職員が実演し、続けて希望者に対してHALの装着体験が行われました。

IMG_0311-2.JPG

HALの装着位置などについて説明中です
IMG_0320-2.JPG

電極パットを腰につけて、実際にアシストを体感していただきました
IMG_0325-2.JPG

そして介護現場でのHALの活用状況を実際にご覧いただいた後、質疑応答を行い閉会となりました。
質疑応答では、HAL本体から介護ロボット全般、介護保険に至るまで幅広いテーマが取り上げられ、当施設にも大変勉強になった見学会となりました。


おいでいただいた見学者の皆様、また埼玉県産業振興公社とリコージャパン株式会社の皆様には心から厚く御礼を申し上げます。

タグ:HAL
posted by みなの福祉会 at 17:00| 介護ロボット

2017年10月28日

パルロ来訪@デイサービスセンター大浜

DSC_0612-2.jpg

コミュニケーション・ロボットのパルロです。

以前にご紹介したこともあるパルロですが、その後モデルチェンジされて表現力がさらにアップしたとのことです。

今回はデモンストレーションとして、富士ソフト株式会社様にパルロを連れてきていただきました。


さっそく皆さんにごあいさつ。
可愛らしい姿に全員、何をしてくれるのかな?と見守ります
DSC_0611-2.jpg

歌を披露してくれたり、体操を始めてくれたり
DSCN0183-2.JPG

最後はゲームで盛り上がりました!
DSC_0615-2.jpg

わずか30分ほどでしたが、とても元気にレクの時間を楽しませてくれました。
おしゃべりもちょっと気が利いていて面白かったです。

レクが始まる前に、歌好きのご利用者とずっと一緒に歌っていたのも素敵でした。
また会えるといいですね!

posted by みなの福祉会 at 13:00| 介護ロボット

2017年10月21日

HAL活用コンサルティングの経過報告

悠う湯ホームでは、今年6月から介護ロボット活用コンサルティング(埼玉県産業振興公社様)のご指導のもと、HALの活用に取り組んでいます。

今回は、これまでの取り組み状況をご報告します。


いちばん最初に行なったのが、まず
「ロボットに関係なく、今の職場の問題点は何か」
を把握することでした。

s-DSC_0475.jpg

プロジェクトメンバーが思いつくままに現在の業務の問題点を挙げていき、付箋紙で貼っていきます。
それを類似したテーマごとに分類し、どの課題がHALによって解決できるのかを考え、今後の活動計画を話し合いました。

s-DSC_0473.jpg

その結果、HALによって解決可能な課題が以下の4つにまとまりました。
@労働環境の改善
(腰痛予防・負担軽減)
A職員の人材育成・確保
(職員が主体的に活動する雰囲気の醸成と、施設のイメージアップによる就業希望者の増加)
B利用者の満足度アップ
(@により介護の質を向上し、ご利用者に喜ばれる機会を増やす)
C業務プロセスの改善
(介護業務の「見える化」に取り組み、さまざまな業務を改善する)

HALを使うことで直接解決できるのは@とBですが、組織的にHALの活用に取り組むことそれ自体が、AやCの副次的な効果につながっていくことになります。
いずれも「みなの福祉会」が今後、持続的に成長していくためには欠かせないポイントです。

では、これらをHALで解決するにはどうすればよいか?

HALはこれまでにない新しい機器であり、見慣れていない・使い慣れていないこともあっていきなり業務に定着させることは難しいものがありました。

そこで、課題解決への取り組みを2段階に分け、第1段階として8月〜10月を
「HALを職員・ご利用者・面会者等に認知してもらう広報活動の期間」
と設定しました。

具体的には、介護職員が全員、毎日交代でHALを装着して日常の業務を行なってもらい、職員自身やご利用者などにHALを見慣れてもらう、慣れ親しんでもらうことを目標としました。
並行して、対外的なPR活動としてHAL装着体験や出前講座などにも取り組むこととしました。

図1.jpg

施設内では、ご利用者の皆さんは「カッコいいよ!」などと声を掛けていただくなど、意外なほどなじんでくださった反面、職員には腰痛の有無などに関係なく一律に着用してもらったため、装着によってかえって疲れを感じる人が出てきました。

そこで装着職員を5名に限定し、さらにHAL活用の次のステップに向けて
「HALの有る無しで仕事の負担感がどう変わるか」
「HALがどの業務に特に効果的か」
ということを確認しながら使ってもらうこととしたのです。

それで分かってきたのは、離床介助やおむつ交換、入浴介助などで使うと体がラクに感じること、その他の作業ではHALがなくても負担感はあまり変わらない、ということでした。
こうした結果はメーカー等の資料にも書かれていることではありますが、職員自身が実感して得た結論という点がとても大切です。

DSC_0583-1.jpg

また、継続して使っていく中で出てきた不満点、たとえばポケットが自由に使えないといった問題については、プロジェクトメンバーと実際に装着している職員が検討を重ね、HAL本体にポケットポーチを取り付けてみるなど、着々と解決策を見出していっています。

11月から取り組む第2段階に向けてはこうした結果を踏まえ、いよいよ本格的にHALを活用するための準備を進めていきます。

タグ:HAL
posted by みなの福祉会 at 17:00| 介護ロボット

2017年10月13日

埼玉県リハビリ・介護ロボット研究会(介護施設見学会)のお知らせ

図1.jpg

来たる11月14日(火)悠う湯ホームにおいて
介護ロボット(HAL)の活用状況をご覧いただける施設見学会を行います。
(主催:埼玉県/公益財団法人埼玉県産業振興公社)

詳しくは下記リンク先をご覧ください。
第4回埼玉県リハビリ・介護ロボット研究会(介護施設見学会)を開催します

見学をご希望の方は、下記チラシで埼玉県産業振興公社様あてお申し込みください。
告知チラシ(参加申込書)(PDFファイル)


悠う湯ホームでは、専門家のコンサルティング(埼玉県産業振興公社様)を受けながら介護ロボットの活用を進めているところです。
導入の悩みや活用の工夫など、ざっくばらんに情報共有していけたらと思っております。
ご興味のある皆様(経営層だけでなく、介護職の方々も大歓迎です!)、どうぞお気軽にご参加ください。

タグ:HAL
posted by みなの福祉会 at 15:20| 介護ロボット

2017年10月05日

HAL装着説明会

IMG_0218-2.JPG
悠う湯ホームのHAL選抜メンバーです


10月3日(火)、HALをさらに使いこなすテクニックをご教授いただくため、リコージャパン(株)様においでいただきました。
基本的な使い方は以前教わっていましたが、今回は選抜メンバーがHAL使いこなしの理解をぐっと深めていくための説明会です。

IMG_0199-2.JPG

電極パットを素早く貼るコツから始まり、疲れにくい装着方法や上手なアシストの効かせ方など、これまで気づきにくかったポイントを分かりやすく教えていただきました。

IMG_0211-2.JPG

一連の説明のあとで行われた質疑応答では、さらに突っ込んだ質問(アシストが思うように効かない時はどうするか?、連続装着によって腰筋が弱くなることはないか?など)が次々に出てきて、予定されていた時間をはるかに過ぎてしまいました。
しかし最後まで快くご対応いただいたリコージャパン(株)の皆様、遅くまでどうもありがとうございます。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!



IMG_0202-2.JPG

しっかり使いこなすと、EXILEのあのダンスができるようになるそうですよ!

タグ:HAL
posted by みなの福祉会 at 16:00| 介護ロボット

2017年10月01日

介護ロボット「見守りケアシステム」導入


DSC_0606-2.jpg
3モーター内蔵の低床ベッドです


このたび、ケアハウス悠う湯ホームでは
埼玉県 介護ロボット普及促進事業の平成29年度補助金により、
フランスベッド(株)の見守りロボット
「見守りケアシステム M-2」2台を導入いたしました。

既存のナースコール設備に接続することができ、操作が簡単なのが特長です。
ベッド上での「動き出し」「起き上がり」「端座位」を検知して職員に知らせるので、
床に敷くタイプのセンサーマットよりも早い段階で対応することが可能です。

DSC_0603-2.jpg
コントローラーで通知モード、検出エリアと感度の設定ができます


設置してまだ数日ですが、ご利用者がベッドから降りてしまう前にコールが鳴り、
転倒事故を防ぐことができました。
また、誤報が少なくなることにより、職員の負担を低減する効果にも期待しています。

そのほか、体重や体動、ナースコールなどの履歴を逐次記録する機能もあるので、
介護計画の立案にも大いに活用していけそうです。


今回お世話になりました埼玉県を始めとする関係者の皆様には、あらためまして心より御礼を申し上げます。

posted by みなの福祉会 at 12:30| 介護ロボット

2017年09月30日

HAL装着体験・介護実習講座@かんな福祉専門学校

9月28日(木)、かんな福祉専門学校で出前講座(介護ロボットによる介護実習講座)を行いました。
1・2年生の合同実習ということで、大勢の学生様にHALの動作原理などの説明をさせていただいたあと、介護実習室で実際に電極パットを付けて、HALの装着体験をしていただきました。

s-IMG_0173.jpg

 実習用の人形を使い、ベッドから車椅子への移乗、おむつ交換など、実際の介護現場と同じ状況を再現しています。

s-IMG_0151.jpg

s-IMG_0163.jpg

これからの介護を担う皆さんの関心がとても大きかったのが印象的でした。
今回の講座は初めての試みでしたが、かんな福祉専門学校の皆様には多大なるご協力をいただきまことに有難うございます。

みなの福祉会では、これからもこのような取り組みを行なっていきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします!




タグ:HAL
posted by みなの福祉会 at 12:00| 介護ロボット

2017年07月02日

平成29年度 第1回埼玉県リハビリ・介護ロボット研究会

6月27日、埼玉県と公益財団法人 埼玉県産業振興公社の主催による
「平成29年度第1回埼玉県リハビリ・介護ロボット研究会」が開催されました。

産経新聞(6月28日付)および日本経済新聞(7月19日付)に記事が掲載されています。


今回、特養 悠う湯ホームでは先般導入したHALの活用状況の報告をさせていただきました。
今年2月の稼働開始からまだ半年も経っていませんが、当初設定した目標と現時点での問題点、その対応策などについてお話しさせていただきました。

IMG_6952-1.JPG

現在の問題として、HALの活用場面がなかなか拡大できていない点があり、内部に「HAL普及委員会」を設置するなどの対応を始めたところです。

同時に、研究会の今年度の活動のひとつである「施設への個別コンサル&フォロー」
(県内2施設を対象に、介護ロボット活用の体制作りを支援育成していく)
事業の対象施設として選ばれたため、そのご指導もいただきながらHALをフル活用していく方法を身につけ、さらには業務全般の最適化への取り組みに応用していきたいと考えています。

s-DSC_0475.jpg
悠う湯ホームでコンサル&フォローの指導を受けているところです。

これらの活動については随時ご報告していく予定ですが、
今後、悠う湯ホームが他施設の模範となり、介護ロボット活用ノウハウなどを広く伝えていける施設になるよう、しっかりと取り組んでいく所存です。


今回の発表に際しては、関係者の皆様にたくさんのお力添えをいただきました。
この場をお借りしてあらためて感謝を申し上げます。

タグ:HAL
posted by みなの福祉会 at 18:00| 介護ロボット

2017年03月11日

セラピーロボット「パロ」、その他

IMG_1280-2.JPG

株式会社矢尾百貨店様 のご厚意でお借りすることができました
セラピー用アザラシ型ロボット「パロ」です。

「パロ」は、セラピー効果を得られるロボットとして、独立行政法人 産業技術総合研究所(産総研)で1993年から研究開発が始まりました。
2005年の発売開始以来、主に病院や介護施設など本物の動物を飼うことが難しい場所で活用され、これまでに3,500台以上の販売実績があるそうです。

アニマルセラピーによる精神的な安らぎや生活意欲の向上などをもたらす効果のほか、
認知症症状の進行予防、失語症の改善などの効果も認められているそうです。


今回はそんな「パロ」を、
悠う湯ホームの皆さんに体験していただきました。

IMG_1249-2.JPG
すぐに可愛いと反応する方、なんとなく遠巻きに見守る方
半々といった感じです

IMG_1261-2.JPG
抱っこしていただくと、意外な重さ(約3kg)に驚かれますが
それが独特の存在感や本物感につながっている気がします

IMG_1265-2.JPG
職員にもなかなか好評のようです

IMG_1267-2.JPG
実際にしばらく触れていると、細かな動作が意外と複雑で
本当に生きているかのように感じられてきます


これは導入できたら(個人的にも)嬉しい…
というのが率直な感想でした。
ただしお値段は1体約40万円とのことですあせあせ(飛び散る汗)



今回は「パロ」の他にも、子ども形のロボット「夢の子ユメル」(向かって右)や
声の出るネコやハムスター(向かって左)もお借りしました。
IMG_1275-2.JPG


「夢の子ユメル」を入居者の皆さんにご覧いただいた様子です。

IMG_1250-2.JPG
おしゃべりしたり歌を歌ったりしてくれます。
「お前は茶色い髪だが外国の子かい?」と声をかける方も

IMG_1255-2.JPG
なじみ深い形のせいか、抱くときの違和感は少ないようです。
ときどきまたたきするしぐさがとても喜ばれます


こちらも皆さんの反応は上々でした。
施設での今後のケアのあり方に、大いに参考にさせていただきたいと思います。

また、矢尾百貨店様には、このような機会を提供していただきましたことを
あらためて御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

posted by みなの福祉会 at 17:30| 介護ロボット

2017年03月02日

介護ロボット「HAL」を導入しました

IMG_1222-2.JPG

このたび、当会では厚生労働省「介護ロボット等導入支援特別事業(平成27年度補正予算)」により
「ロボットスーツHAL®介護支援用(腰タイプ)」
2台を導入いたしました。
平成29年2月から、悠う湯ホームの介護職員が装着し本稼働に入っております。

IMG_1195-2.JPG

「HAL介護支援用」は介護職員が装着するもので、介護時の腰部にかかる負担を減らすために開発されたロボットです。
ロボットスーツというと人間の力をパワーアップさせるものを想像しますが、実際には「動力付き腰痛防止ベルト」と考えるとイメージしやすいかと思います。

移乗介助はもちろんのこと、特におむつ交換や入浴介助など、腰部への負担が大きく、かつ長時間にわたって続く作業の際に威力を発揮します。

IMG_1230-2.JPG

現在は、開発製造元のCYBERDYNE(株)による管理者講習を受けた職員2名が中心となって使用しております。
いきなり装着してすぐに使いこなせる機器ではなく、ある程度の練習・慣れが必要なため、これから徐々に他の職員の使用機会を増やしていき、さらに有効活用を図っていく計画です。

IMG_1215-2.JPG

労働人口が減少する中で、介護業界もまた人材不足に悩んでおります。

当会では、HALを始めとする介護ロボットや、ICT(情報通信技術)による諸業務の省力化・合理化に取り組み、少ない負担で末永く働くことができる職場、そして介護に携わる職員がもっとも望んでいる職務である「ご利用者様に喜んでいただくこと」に注力できる職場を実現していきたいと考えています。

そうした努力の積み重ねがやがて実り、介護という仕事が就職・転職の際に魅力ある選択肢のひとつとなっている未来を今、この「HAL」に見いだしています。

タグ:HAL
posted by みなの福祉会 at 11:30| 介護ロボット