2015年02月19日

一般事業主行動計画(平成27年度〜)を策定しました

みなの福祉会では、次世代育成支援対策推進法にもとづき、職員の仕事と子育ての両立を支援することを目的として一般事業主行動計画を策定しました。

計画全文は以下のとおりです。


社会福祉法人みなの福祉会 行動計画


職員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1 計画期間 平成27年4月1日〜平成32年3月31日までの5年間

2 内容

目標1 産前産後休業や育児休業、育児休業給付、社会保険料免除など制度の周知や情報提供を行う。
<対策>
・平成27年4月〜 法に基づく諸制度の調査を行う。
・平成27年9月〜 制度に関するパンフレット等を作成し職員に提供する。

目標2 男性職員の育児休業取得を奨励する。
<対策>
・平成27年9月〜 育児・介護休業法や社会保険制度および就業規則について、職員向けにわかりやすく解説した資料を作成する。
・平成27年10月〜 職場研修を開催し、男性も育児休業を取得できることを周知する。

目標3 年次有給休暇の取得率を1人あたり平均年間50%以上とする。
<対策>
・平成27年10月〜 計画的な有給取得と円滑な業務遂行に向けて管理者研修を複数回行う。
・平成28年3月〜 職員会議等で内容を周知する。

目標4 若年者に対しインターンシップ・トライアル雇用等の機会を提供する。
<対策>
・平成28年4月〜 受け入れに関する諸制度の調査を行う。
・平成28年9月〜 関連する行政機関、教育機関等との連携を図る。
・平成28年10月〜 法人ウェブサイト等で内容を周知する。
・平成29年4月〜 インターンシップ・トライアル雇用等の受け入れを行う。


サイト「両立支援のひろば」にも取組事例として掲載されています。

posted by みなの福祉会 at 08:30| 一般事業主行動計画

2011年02月23日

一般事業主行動計画を策定しました

みなの福祉会では、次世代育成支援対策推進法にもとづき、職員の仕事と子育ての両立を支援することを目的として一般事業主行動計画を策定しました。

計画全文は以下のとおりです。


社会福祉法人みなの福祉会 一般事業主行動計画


職員が仕事と子育てを両立させることができ、その能力を十分に発揮できる環境を整備するため、次のように行動計画を策定する。

1 計画期間 平成23年4月1日〜平成27年3月31日までの4年間

2 内容

目標1 ポスターや職場研修などを通じて育児休業制度を周知する。
<対策>
・平成23年4月〜 育児・介護休業法や社会保険制度および就業規則について、職員向けにわかりやすく解説した資料を作成する。
・平成23年8月  職場研修の開催
・平成23年9月〜 ポスターを掲示し、職員の相談等に応じる。

目標2 育児のための急な休みにも対応できる業務体制づくりを進めます。
<対策>
・平成23年9月〜 子どもの病気等による急な休みの際にも仕事が滞らないよう、仕事の割振り等について見直す。
・平成24年1月〜 見直した結果を反映させる。

目標3 子どもの社会科見学を積極的に受け入れます。
<対策>
・平成23年4月〜 受入れ体制の充実を図るため、見学メニューについて再検討する。
・平成23年9月〜 受入れについてのより積極的なPR方法を検討する。
・平成24年1月〜 新見学メニューでの受入れ実施。

目標4 子どもの学校行事に参加するための年休取得を奨励します。
<対策>
・平成23年7月〜 職員が子どもの学校行事には年休を取得できるよう、管理職に周知する。
・平成23年8月〜 各部署のミーティングで管理職から呼びかけ、取得しやすい雰囲気作りに取り組む。


サイト「両立支援のひろば」にも取組事例として掲載されています。

posted by みなの福祉会 at 13:00| 一般事業主行動計画