2018年12月20日

HAL腰タイプ 導入ユーザー全国研修大会

12月14日(金)秋葉原UDXシアターにて
「HAL®腰タイプ 導入ユーザー全国研修大会 第2回好事例大賞選考会」
が行われました。

s-秋葉原駅前.jpg
秋葉原。しばらく来ないうちに別世界になりました。
※写真はフリー素材です

s-5ff60c7310961fe29ee78f9934389830_m.jpg
駅前がずいぶん綺麗になりましたね。
※写真はフリー素材です

s-DSC_0805.jpg
こちら側も絶妙な進化を遂げています。
※これは自分で撮りました


さて今回は、
「埼玉県老人福祉施設協議会 HALプロジェクト」に対し、
老施協主導による多施設・メーカー・販社の連携支援と、相互協力が育む新しい取り組みが評価されたとのことで
なんと
審査員特別賞が授与されました!

プロジェクトメンバーの施設それぞれに賞状をいただけました。

サイバーダイン山海社長から、直々に
私ども、悠う湯ホームにも授与・・圧倒的感謝っ・・!
s-test06.jpg

さっそく玄関ホールに飾らせていただいています。
s-DSC_0004-2.jpg

プロジェクトを代表して、むさしの様の吉江施設長が講話を行いました。
s-test02.jpg

そしてプロジェクトメンバーから杏樹苑爽風館様と扇の森様が個別にエントリー、
杏樹苑爽風館様が見事優秀賞に、扇の森様が入選に輝きました。

杏樹苑爽風館様 酒本施設長の受賞講演です。
s-test03.jpg

記念撮影カメラ
s-image.jpg

発表の内容は
介護支援用部門(介護者が負担軽減を目的として装着する)
自立支援用部門(利用者が機能訓練を目的として装着する)
の2つに分かれていました。
今回は特に、自立支援分野でリハビリ効果が顕著に現れる例が報告されており、介護支援以外にも腰タイプのHALが活用可能な事例として注目されます。

詳しくはHAL®腰タイプ特設サイトをご覧ください。
当日の表彰式・受賞者講演の動画もご覧になれます。


老施協HALプロジェクトでは、自立支援への活用は来年度の取組にスケジューリングされています。
今後の活動にご期待ください!!


埼玉県老施協 HALプロジェクト メンバー施設:
6法人7施設(2018年10月31日現在)

社会福祉法人崇徳会 特別養護老人ホーム マザーアース(ふじみ野市)
社会福祉法人ふじみ野福祉会 特別養護老人ホーム むさしの(富士見市)
社会福祉法人杏樹会 特別養護老人ホーム 杏樹苑爽風館(入間市)
社会福祉法人杏樹会 特別養護老人ホーム 杏樹苑滔々館(入間市)
社会福祉法人永寿荘 特別養護老人ホーム 扇の森(さいたま市)
社会福祉法人愛の泉 特別養護老人ホーム 愛泉苑(加須市)
社会福祉法人みなの福祉会 特別養護老人ホーム 悠う湯ホーム(皆野町)


タグ:HAL
posted by みなの福祉会 at 13:00| 介護ロボット