2017年09月30日

HAL装着体験・介護実習講座@かんな福祉専門学校

9月28日(木)、かんな福祉専門学校で出前講座(介護ロボットによる介護実習講座)を行いました。
1・2年生の合同実習ということで、大勢の学生様にHALの動作原理などの説明をさせていただいたあと、介護実習室で実際に電極パットを付けて、HALの装着体験をしていただきました。

s-IMG_0173.jpg

 実習用の人形を使い、ベッドから車椅子への移乗、おむつ交換など、実際の介護現場と同じ状況を再現しています。

s-IMG_0151.jpg

s-IMG_0163.jpg

これからの介護を担う皆さんの関心がとても大きかったのが印象的でした。
今回の講座は初めての試みでしたが、かんな福祉専門学校の皆様には多大なるご協力をいただきまことに有難うございます。

みなの福祉会では、これからもこのような取り組みを行なっていきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします!




タグ:HAL
posted by みなの福祉会 at 12:00| 介護ロボット

2017年09月25日

テレビCMのロケ施設になりました!

ただいま、テレビで放送されております
求人サイト「ナイス!介護」のCM。

介護にたずさわる幸せが、やさしいタッチで描かれています。
ナイス!介護 TVCM「野花に込めて」篇


…じつはこのCM、室内シーンが悠う湯ホームで撮影されたものなんです!


8月某日のこと。

早朝から荷物がたくさん運び込まれます
IMG_1553-2.JPG

IMG_1569-2.JPG

廊下はすでに機材でいっぱい。
部屋の中では撮影が行われています
IMG_1559-2.JPG

なにかスゴい装置が!
IMG_1562-2.JPG

こちらはレクリエーションルームでの撮影風景。
メインの俳優さんの撮影準備中です
IMG_1574-2.JPG

エキストラの皆さんへの演技指導の様子です。
エキストラは施設の職員とご入居者、それにシルバー人材センターの皆さん
IMG_1594-2.JPG

夕方までかかった撮影が無事終了!
最後に、女優の服部妙子さん、komayuさんとともに記念写真を撮らせていただきました。
(もったいないことに、ネットには上げることができません…)

そしてそして、お二方には
サインまでいただいてしまいました!
DSC_0601-2.jpg


残念ながら、オンエアされているのは関西・札幌・静岡・広島エリアとのこと。
こちら関東ではテレビで見ることができません。
しかしYoutubeならどこでもOKなので、よろしかったら皆さんもぜひご覧ください!

ナイス!介護 TVCM「野花に込めて」篇


※今回の撮影に関して、その様子をブログにアップすることを特別にご許可いただきました。
関係各位にはあらためまして感謝を申し上げます。

posted by みなの福祉会 at 09:00| 悠う湯ホーム(全体)

2017年09月02日

オートレース補助事業完了のお知らせ

logomark_blog.jpg
オートレース補助事業完了のお知らせ


このたび、平成29年度のオートレースの補助を受けて、以下の事業を完了いたしました。

本事業の実施により、最新の安全装備を施した車両を整備することができ、ご利用者のより一層の安心・安全な送迎、また地域社会への支援活動などが可能となりました。

公益財団法人JKA様、および関係者の皆様に厚く御礼を申し上げます。




事業名   平成29年度福祉車両の整備 補助事業

事業の内容 福祉車両整備 移送車3(リフト付き)

補助金額  2,250,000円

実施場所  埼玉県秩父郡皆野町下日野沢3906−3 悠う湯ホーム

完了年月日 平成29年8月29日

社会福祉法人みなの福祉会

理事長  山 中 展 弘


IMG_1539-2.JPG

IMG_1544-2.JPG

IMG_1538-2.JPG


【事業成果の公表】

1 補助事業の概要
(1)事業の目的
現在実施している移送サービスにおいて、保有車両の走行トラブルやリフト機能の故障等が散発していました。
こうした障害をなくし、安全な移送の確保と運転者(職員)等のストレスを解消する必要がありました。
本補助事業で福祉車両を整備することにより、高齢者、とりわけ下肢機能の低下や障害を持つ方の移送が容易になり、ご本人にとって安心した移動が可能になります。
同時に、このことは職員にとっても、様々な不安・ストレスの軽減にもつながります。
また、車両の整備によって地域支援だけでは難しい部分を施設が補うことができるようになります。

(2)実施内容
 移送車3[車いす仕様(リフト式)]
 日産 NV350キャラバン チェアキャブ(10人乗り)

このたび整備した車両は、運転手を含め10名(うち車いす2名)が乗車することができます。ストレッチャーの方を送迎することも可能です。
また、安心して乗降できるオートステップや手すりのほかに、追突を防止する「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」や、カメラで周囲の状況を映す「アラウンドビューモニター」など最新の安全装備も施されており、ご利用者の安全を確保するとともに職員の不安やストレスが大幅に軽減されます。


2 予想される事業実施効果
本補助事業で、新たに福祉車両を整備することにより、車両の信頼性が高まることで稼働率を引き上げることができます。
デイサービスの社会的課題として、軽度の要支援・要介護者は地域支援または介護予防で、中重度の要介護者は介護保険サービスで、という棲み分けが進められています。
介護者の負担軽減や高齢者の社会参加を促すことから、高齢者の身体機能の維持増進、要介護度の軽減が求められていますが、その課題に対応するためには中重度の要介護者や身体機能の維持増進を目的とする高齢者層のデイサービス利用を図っていくことが必要です。
特に中重度の要介護者については、リフト付車両の改善整備は必須となります。
車両整備後は、「デイサービスセンター悠う湯ホーム」において、月曜から金曜までの週5日、1日平均5名程度のご利用者の送迎が可能となります。
送迎地域は、施設の所在地である埼玉県皆野町を中心とした地域で、走行距離は1日あたり約40km、1年間で約1万km程度、ご利用者の延べ人数は年間1,300人に上ります。
また、社会福祉法人に求められている地域貢献活動として、デイサービスの利用までには至らない方々を対象としたレクリエーションや外出機会の提供などが挙げられますが、過疎地域の特性上、自宅から施設までの送迎を希望する声が多く、今回の補助事業により整備できた車両が、その活躍の場をさらに広げることが期待できます。


3 印刷物等
・広報紙「ゆうゆう」平成29年10月号
・施設掲示ポスター


4 事業内容についてのお問い合わせ先
団体名: 社会福祉法人みなの福祉会
       (シャカイフクシホウジン ミナノフクシカイ)
住   所: 〒369-1625
埼玉県秩父郡皆野町下日野沢3906−3
代 表 者: 理事長 山中 展弘(ヤマナカ ノブヒロ)
担当部署: 財務総務部(ザイムソウムブ)
担当者名: 事務長 大 徹(オオシマ トオル)
電話番号: 0494-62-5550
FAX: 0494-62-1592
E-mail: info@minano-fukushikai.jp
URL: http://minano-fukushikai.jp/



posted by みなの福祉会 at 10:40| オートレース補助事業完了のお知らせ